ラジオ体操 まとめ

ラジオ体操 まとめサイト > まとめ一覧 > ラジオ体操 新しい朝のもと ブックマークに追加する

ラジオ体操 新しい朝のもと

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 05:06:28.97 ID:yVKaySEh0
ニータイム。それは素敵な時間。
良かったら私の話を聞いてください。

初見でもいいんです。
気になったら、まとめを見てください。
そんなチラシの裏。

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 05:10:29.60 ID:yVKaySEh0
でも一応産業程度は必要でしょうか

夏休みにくるみちゃんという小学生と知り合った私は
いろいろあったんですけど、姉にロリコンを疑われ
日曜日に姉とくるみちゃんと話し合いをしました

で、話は日曜日ですけどね・・・

5 :ラジ夫 ◆xChEf2zw.k :2007/10/25(木) 05:12:34.94 ID:yVKaySEh0
酉つけると、なんかあれなんですけどね。
でもまあ一応またつけておきます。

とにかく、くるみちゃんとお姉ちゃんに部屋に入って貰う事にしましてね。
お姉ちゃんがブーツを脱いでいる間に、くるみちゃんを座らせましたよ。

くるみちゃんは、片手で涙を拭っていましてね。
横にティッシュの箱を置いてあげると、俯いたまま
「ありがとう・・・」と言われましてね。

なんだか、可哀相になりましたよ。

6 : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:2007/10/25(木) 05:12:40.50 ID:flaOduLX0
        ,. -ー冖'⌒'ー-
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 05:13:52.24 ID:fWi1p3HQ0
ktkr


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 05:15:20.52 ID:yVKaySEh0
後から「お邪魔します。」といって入ってきたお姉ちゃんを
少しだけ反感を持って、見たんですけどね。
太ももまで出たショートパンツに、ちょっと目のやり場に困りましたよ。

一応ニットのカーディガンを着ていましたけど
キャミソールとショートパンツって寒くないのでしょうか。
ただ、それ以上見ていると、可愛さに負けそうなので
のび太だって半ズボンだ!
と思って、なんとか自分を落ち着かせましたよ。

ちなみに、くるみちゃんは黒いタイツに黒いワンピースでした。
なんという魔女。まあいいんですけど。

12 : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:2007/10/25(木) 05:15:26.47 ID:K76r00ml0
        ,. -ー冖'⌒'ー-
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-
      /ク ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
    ノ /ル'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
   / _勺 ミ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 05:16:09.13 ID:z2UReI+XO
毎度俺の睡眠を妨害しやがってwww
さぁ、話を聞こうじゃないか

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 05:17:53.66 ID:yVKaySEh0
とりあえず、私はくるみちゃんが泣いている理由が気になりましてね。
「どうしたんですか?」と、お姉ちゃんに聞いたんですよ。

すると、お姉ちゃんは、私の言葉を無視して「くるみ!」と言いましてね。
くるみちゃんは一瞬ピクっとした後、動きを止めてそのままじっと俯いていました。

私は、お姉ちゃんの迫力に押されながらも、
「あの・・・ちょっと酷いんじゃないですか?」と恐る恐る切り出したんですけどね。
「うちのことですから。○○さんには関係ありません。」と言われてしまいました。

16 : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:2007/10/25(木) 05:17:59.57 ID:K76r00ml0
        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、
      /ク ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
    ノ /ル'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
   / _勺 ミ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 05:20:20.02 ID:yVKaySEh0
あまりに、冷たい事を言われたので
もしかしたら、本当に私とは関係ない所で泣いているのかも知れない、と思いましてね。
一応、引き下がって「何か飲みますか?」と聞きましたよ。

お姉ちゃんは当然「いらないです。」と言うかと思ったんですけど
「お茶でいいです。」と言いましてね。
テーブルの上にあったペットボトルのお茶を、紙コップについであげましたよ。
なんなんでしょう、このお嬢様は。
君が主で執事が僕ですか。

23 : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:2007/10/25(木) 05:20:25.22 ID:K76r00ml0
        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、
      /ク ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
    ノ /ル'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
   / _勺 ミ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 05:22:28.66 ID:yVKaySEh0
もちろん、お茶はくるみちゃんの目の前にも置いたんですけど
くるみちゃんは、一瞬紙コップに目をやったものの、そのまま俯いていました。

その時、普段は聞かないんですけど、FMラジオをつけていたんですよ。
あ、別にラジ夫だけに、とかじゃないですよ。
お姉ちゃんから電話が来た後に、BGMにでもと思ってつけていたんですけどね。

そのスピーカーから流れる軽快な洋楽が、部屋の空気と対照的で妙な感じでしたよ。
ラジオ空気読めと。

26 : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:2007/10/25(木) 05:22:33.01 ID:K76r00ml0
        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、
      /ク ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
    ノ /ル'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
   / _勺 ミ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 05:25:35.67 ID:yVKaySEh0
そんな中、私は2人を交互に見ながら、黙って座っていましたよ。
すると、お姉ちゃんが、紙コップのお茶に少し口をつけた後
「・・・くるみ。」と静かに言いましてね。
なぜか、お姉ちゃんと言うよりお母さんに見えました。

くるみちゃんは、その言葉に促されたようにポツリと
「もう、お兄ちゃんと遊べない・・・」と言いましてね。
動揺しましたが、それを隠して
私は黙ってお姉ちゃんの方を見ましたよ。

34 : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:2007/10/25(木) 05:25:40.72 ID:K76r00ml0
        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、
      /ク ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
    ノ /ル'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
   / _勺 ミ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 05:27:46.26 ID:yVKaySEh0
お姉ちゃんは私の方を見ずに、くるみちゃんに向かって
普段聞いたことのないような、ゆっくりとした優しい声で
「違うでしょ。もう遊びたくないんでしょ?」と言いましてね。
酷い誘導尋問だなと思っていたんですが、そのまま黙っていましたよ。

すると、くるみちゃんは同じ姿勢のまま
「もう、遊びたくないです・・・。」と言いかけましてね。
でも、言い終わらない内に、また静かに泣き出していました。

38 : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:2007/10/25(木) 05:27:50.15 ID:K76r00ml0
        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、
      /ク ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
    ノ /ル'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
   / _勺 ミ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 05:28:06.42 ID:z2UReI+XO
俺の中で、くるみ姉の評価がぎゅんぎゅん降下中
(# ^ω^)


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 05:28:33.86 ID:KlvGkm8R0
かわいそう…けどこれが現実なんだろうね…

42 :ちんこ ◆PENISmqLSE :2007/10/25(木) 05:29:11.79 ID:CAcZD7LdO
これだから3Dは

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 05:30:52.34 ID:yVKaySEh0
私はそのやり取りを、じっと見つめていました。
もちろん、お姉ちゃんに言わされているだけと思いましたけど、
くるみちゃんの口から出た言葉に、少しショックを受けましてね。
それが私を無言にさせました。

代わりに出た言葉は、「タバコを吸っていいですか?」でした。
お姉ちゃんに「どうぞ。」と言われ、タバコに火をつけましてね。
煙をゆっくり見つめながら、何を言えばいいのかと考えていましたよ。

47 : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:2007/10/25(木) 05:30:56.28 ID:K76r00ml0
        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、
      /ク ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
    ノ /ル'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
   / _勺 ミ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 05:31:47.81 ID:cr6GN5P60
くるみちゃん可哀想・・。

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 05:33:33.61 ID:yVKaySEh0
そのままタバコを吸っていると、お姉ちゃんが
「・・・トイレ借りていいですか?」と聞いてきましてね。
私は椅子に座ったまま、場所を教えてあげました。

お姉ちゃんがドアの向こうに消えて暫くしてから
私はタバコを灰皿に押し付けると、くるみちゃんに話し掛けました。
「くるみちゃんは・・・どうしたいんですか?」

特にその言葉に意味はありません。
本当に何も考えずに出た言葉でした。

53 : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:2007/10/25(木) 05:33:37.52 ID:K76r00ml0
        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、
      /ク ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
    ノ /ル'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃お/
   / _勺 ミ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃姉/
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 05:35:38.37 ID:yVKaySEh0
くるみちゃんは、私の言葉を聞くと、ゆっくりと顔を両手で覆いましてね。
「わかんない。」とだけ、言いました。

それを聞いて、なぜかちょっと笑ってしまいました。
寂しくて笑ってしまったのでしょうか。
否定の言葉を聞きたかったのかもしれません。

60 : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:2007/10/25(木) 05:35:48.31 ID:K76r00ml0
        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、
      /ク ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
    ノ /ル'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
   / _勺 ミ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 05:36:32.18 ID:3e77+Y8X0
ちゃんと1は便器ぺろぺろして復讐したよな?

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 05:36:57.02 ID:N+nW4/Qn0
ハイパーニートタイムによく出没するなww

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 05:37:45.98 ID:yVKaySEh0
私は、それ以上は話し掛けずに、腕を組んだまま
ぼーっとテーブルのあたりを眺めていました。
ラジオでは、相変わらず女性DJと音楽が交互に流れていましてね。
聞くともなく聞いていると、水の流れる音がして、お姉ちゃんが戻ってきました。

私はいつのまにか咥えてた、火のついていないタバコを片手で弄りながら
お姉ちゃんが座るまで、じっと黙っていましたよ。

66 : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:2007/10/25(木) 05:37:50.33 ID:K76r00ml0
        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、
      /ク ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
    ノ /ル'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
   / _勺 ミ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 05:38:01.96 ID:vc4ou01M0
まぁ確かに兄弟がそんなに年の離れた、しかも親戚でも数年の長いつきあいがある人でもないから。
姉の気持ちがわからんでもない。
そんな俺は20歳の妹を33の男に取られて今年の冬に結婚するらしいですけど

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 05:38:53.61 ID:KlvGkm8R0
>>67

祝福してあげてね。取られたなんていわないで

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 05:39:32.54 ID:zAqs2J3S0
まぁ今の時代では仕方ないな。この前俺も道聞いただけで不審者扱いされたよ

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 05:40:13.31 ID:yVKaySEh0
お姉ちゃんが席に着くと、私は椅子から降りて、お姉ちゃんの正面に座りました。
横で俯いたままのくるみちゃんをち一度見てから、
テーブル越しにお姉ちゃんに話し掛けました。

「××さん。」私がそう言うと、くるみちゃんがチラッと顔を上げましてね。
いや、くるみちゃんじゃないですよ。普段、苗字で読んでないじゃないですか。
でも、ちょっと萌えました。
まあいいんですけど。

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 05:40:18.30 ID:vc4ou01M0
>>68
もち、そうするつもり。
まぁできちゃった婚なんだけどねw
近いうちにそんなことになる気がしていたのだけども。

72 : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:2007/10/25(木) 05:40:20.80 ID:K76r00ml0
        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、
      /ク ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
    ノ /ル'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
   / _勺 ミ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃


76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 05:41:48.99 ID:yVKaySEh0
「・・・××さん。私のことがそんなに嫌いですか?」
私は、お姉ちゃんにストレートにそう訊ねました。

お姉ちゃんは、ちょっと顔を顰めた後
「嫌いとかそういう話じゃないです。」と真っ直ぐ私を見て言いましてね。
見つめられて緊張しましたけど、目を反らしたら負けそうな気がして
そのままお姉ちゃんを見据えていました。

77 : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:2007/10/25(木) 05:41:54.23 ID:K76r00ml0
        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、
      /ク ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
    ノ /ル'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
   / _勺 ミ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 05:43:18.32 ID:zb82oK1U0
ラジ男をスナイプして妹をスナイプされた ID:vc4ou01M0

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 05:44:57.18 ID:vc4ou01M0
>>79
ワロタ/(^o^)\

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 05:45:49.97 ID:yVKaySEh0
「先週の日曜日も、公園でくるみちゃんと遊んだんですよ。
あまり時間がなくて少し会っただけですけど。」

そう言った後、くるみちゃんが横にいるのが気になって
ちょっとだけ発言を躊躇いましたが、思い切って言いました。
「その時は・・・こんな感じじゃなかったですよ。」

するとお姉ちゃんは、「だからなんですか?」と怒ったように言ってきましてね。
それに圧倒されながらも、私はついに
「無理矢理、言わせてませんか?」と言ってしまいました。

86 : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:2007/10/25(木) 05:45:54.37 ID:K76r00ml0
        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、
      /ク ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
    ノ /ル'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
   / _勺 ミ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 05:48:06.09 ID:vc4ou01M0
くるみちゃんの心の傷が心配

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 05:48:40.28 ID:JjmUTBEOO
姉ちゃんもガキなんだな

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 05:49:48.09 ID:yVKaySEh0
「それで?」
なんということでしょう。
私が思い切った発言はたった一言で、返されてしまいました。
もう、笑うしかないですよ。
現に、私はあまりの返しに、その時噴き出してしまいましたし。

「いやぁ・・・それでって言われても・・・」
私がそう言うと、今度はお姉ちゃんが反撃に出ましてね。
「本人が嫌がっているのに、まだ遊ぶんですか?」
って言うんですよ。

94 : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:2007/10/25(木) 05:49:53.36 ID:K76r00ml0
        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、
      /ク ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
    ノ /ル'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
   / _勺 ミ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃


95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 05:51:46.39 ID:EUpDf3XXO
お姉さん強引だな

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 05:51:46.60 ID:KlvGkm8R0
んー。

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 05:52:34.32 ID:yVKaySEh0
会話の流れが、私の理解の範囲を越えていましてね。
結論が決まっていて、途中課程は関係ないようです。
もう、むかついてきたので、お姉ちゃんにキスしてやろうかと思いましたよ。

「あのねぇ・・・」
私が、そう言い掛けた時です。
膝に何かが触れましてね。目線をテーブルの斜め下にやると、
くるみちゃんが、私のズボンの膝の下あたりを掴んでいました。

98 : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:2007/10/25(木) 05:52:38.93 ID:K76r00ml0
        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、
      /ク ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
    ノ /ル'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
   / _勺 ミ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃


101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 05:53:03.07 ID:vc4ou01M0
妹のためか、お姉さん自身の生理的な自己満足のためか
両方かな

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 05:53:25.32 ID:KlvGkm8R0
「もう、むかついてきたので、お姉ちゃんにキスしてやろうかと思いましたよ。」

やっぱりくるみちゃんともう遊んじゃだめだよ…

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 05:53:55.03 ID:Xv81Fpvd0
>>101
まぁ後者のが強い気がする

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 05:54:40.13 ID:Lf0T3y7X0
クルミちゃんがんばって!

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 05:57:17.82 ID:8ZBhhFYM0
ねえちゃん批判が多いけども仕方ないよね
なんだかんだで大事な妹だもん
俺だって妹が同じことになったら止めに入るかも…

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 05:57:56.98 ID:N+nW4/Qn0
やべwwwAAしかみてなかったけどなかなかおもしろいじゃないか

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 05:58:30.33 ID:yVKaySEh0
お姉ちゃんは、その事には気づいていないようで、
「まあ、元々はくるみが悪いんですけどね。」とくるみちゃんを一瞥しました。
私は、すぐに顔を上げてお姉ちゃんを睨みつけて、言いましたよ。
「くるみちゃんは、悪くない。」



なんか予想以上に話が進んでいないけど、ちょっと急用です。
また今度書きます。すいません。
AAの人乙です。

116 : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:2007/10/25(木) 05:58:35.02 ID:K76r00ml0
        ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、
      /ク ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
    ノ /ル'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
   / _勺 ミ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃


119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 05:59:23.32 ID:F50dsBEs0
おまwwwwww

120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 05:59:33.35 ID:Xv81Fpvd0
なんだとー

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 06:00:28.78 ID:KlvGkm8R0
くるみちゃんに罪はないね。うんうん。

小学生に嘘をつかせるなんて酷いな…

けどドライブで抱きつかれたとかもし言われてたらおしまいだよね

128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 06:01:26.15 ID:vc4ou01M0
>>123
読む感じ、くるみちゃん素直な子っぽいから全部親にお話してそうなんだよなぁ。食事のときとかに。

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 06:02:34.77 ID:N+nW4/Qn0
わっふるわっふる

132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 06:04:09.19 ID:EsMjMtH7O
はじめの頃からは考えられないこのシリアス展開
もう先が見えねえ・・・

134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 06:06:03.78 ID:8ZBhhFYM0
年齢的な問題があるだけで純愛スレだよなー
まとめも読んだが「この年齢じゃなきゃ好きになってはくれなかった」
みたいなレス読んで胸がキュンとなったわ

135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 06:06:12.72 ID:JjmUTBEOO
姉ちゃんも子供だけど、くるみちゃんはもっと子供だからなぁ。
どっちに転んでも悪い目が出そうで恐い。

138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 06:07:15.90 ID:Xegm99gKO
なんだか今日のラジ夫は元気がないように感じたぜ…
しょうがないか話が話だけに…

145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 06:28:08.94 ID:iJBQ/hPw0
今日はなんか笑えなかったな
沈んだ気分で朝を迎えそうだ

148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 06:50:02.41 ID:zb82oK1U0
交番の前で遊べば姉も安心

150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 06:57:12.12 ID:K76r00ml0
新しい朝のもと ラジ夫は何を思う・・・

163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 09:25:01.70 ID:Kdi1+GaxO
仕方ないんだけど、やっぱりやりきれない気持ちになるよな
まあ叶わない恋だからこそ心惹かれるのかもしれんが

164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 09:31:14.43 ID:oQe2G7C50
成人と小学生間での恋愛とか無理なんだし、
早いうちに別れたほうが傷が深くならないですむって言う
姉なりの配慮なんじゃね

165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 09:40:53.64 ID:EsMjMtH7O
>>164
俺もそう思う
だからもし>>1が姉ちゃんにくるみちゃんに告られた事を
言わなかったら、また違ったのかな

166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/25(木) 09:51:03.66 ID:oQe2G7C50
>>1が言わなかったとしても、くるみちゃんが早かれ遅かれ
親なり姉なりに話してると思われ。

俺の相手もくるみちゃんくらいの歳だから、
>>1の過去ログの「なんでそういうことを話しちゃうんですか」って気持ちが
ものすごく良く判る